俺はわたし

俺はわたし



どちらかと言えば、彼よりもわたしの方が俺だ。

と言うのは
真っ当な女性の染色体は46XXというやつなんだが、わたしが持ってるのは男と同じ46XY。

そして彼の場合はその染色体自体が特異で、男女どちらとも言えない47XXY。

見てくれはわたしの方が女・・

て言うか
今も昔も女以外のなにものでもないのだけれど、高校生の頃までは体内停留というかたちで精巣を持っていた。

卵巣と子宮は元々無い。

どうりでいつまでたっても生理が来ないわけだ。

その精巣も卒業後摘出したので今は無し。

つまり、わたしの外見は完全に女なんだが中身はからっぽ。

彼の方はと言えば小太りで背が低くボーイソプラノではあるが、外見は男そのもの。

極端に精子の量は少ないけれど一応射精も出来る。

にもかかわらず、46XYのわたしよりも彼の方が女に近いとはどういうことだ?神様よ。


わたしは現在ピンサロ嬢なる職にて口に糊し、彼は売れない芸人。

そんなふたり。

どぶ川の岸辺に建つ老朽化著しい賃貸コーポにて世間一般の男女を真似た同棲生活など日々展開中。



*←prevnext→#
-15-


index 小説top

- XRIA -